井手町とあなたのいいであい 井手町町勢要覧
23/48

教えて! あなたと井手町の「いいであい」井手町にはたくさんの文化サークルがあって、みんなで楽しみながら活動しています!有王の田村新田が禁裏御料に指定されるなど、皇室ともゆかりの深い井手。まちでは今でも当時の遺産を見ることができます。江戸時代都が平安京に遷された後も変わらず、井手の里は京にゆかりの深い地として豊かな文化を育みました。平安時代小町塚平安前期に活躍した女流歌人で六歌仙の一人として名を連ねています。その出生や身分については多くの謎が残されています。小野小町色も香もなつかしきかな蛙なく井手のわたりの山吹の花小野小町が晩年を井手で過ごしたときに歌ったとされる和歌で、小野小町の歌集『小町集』に収録されています。井手町ゆかりの「山吹の歌」元々は川の治水や水争いを防ぐために彫られたとされていますが、江戸時代からは芸事上達の神として信仰されています。駒岩の左馬戦乱やまぬ武士の世となった時代。井手の里では、人と人とが織りなす多くのドラマが生まれました。鎌倉時代元弘元年(1331)笠置山で挙兵した後醍醐天皇は、幕府軍に追い詰められ、大正池近くで捕らわれの身となりました。後醍醐天皇鎌倉時代成立の『高神社文書』には猿楽奉納の記録があり、日本最初の猿楽に関する記録の一つとされています。高神社玉川沿いにある小さな石碑。後醍醐天皇が有王の松の下で休まれた際、お供の藤原藤房と交わされた情景を伝えています。松の下露の碑教えて井橘諸兄やその妻とされる多比能、小野小町など井手にゆかりの深い歴史上の人物に扮してまちを練り歩くイベントで、行列当日にはまちに多くの見物客が訪れます。時代絵巻行列江戸中期に京都で活躍した漢方医。光格天皇を診察したことで田村新田の地を拝領したと伝わります。有王に墓が残されています。中神琴渓中神琴渓の墓井手町Topic!21

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る