熱中症に注意してください!!

暑い日は特に注意!!予防法を知って、熱中症を防ぎましょう!!

熱中症とは?

高温多湿で体内の水分や塩分のバランスを崩し、体の中に熱がたまり起こる症状の総称です。めまいや失神、けいれん、嘔吐、頭痛など様々な症状が現われる病気です。

家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、熱中症になる場合がありますので注意が必要です。(高齢者は、発生場所の4割が住宅内であったというデータがあります。)

熱中症予防のポイント

部屋の温度をこまめにチェック!

●室温28℃を越えないように、エアコンや扇風機を上手に使いましょう!

●のどが渇いたと感じたら必ず水分補給!               

●のどが渇かなくてもこまめに水分補給!

●外出の際は体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策も!

●無理をせず、適度に休憩を!

●日頃から栄養のバランスの良い食事と体力づくりを!

子どもと高齢者の方は特に気をつけましょう!

高齢者→汗をかきにくい、暑さを感じにくいなど自覚症状が現われにくい。

室温をこまめにチェック。のどが渇かなくても水分補給。調子が悪いと感じたら、早めに周りの人に伝えてください

子ども→地面の照り返しにより高い温度にさらされる、汗腺などが未熟なため熱中症にかかりやすい。

子どもの様子を十分に観察する。遊びの最中には、水分補給や休憩を!外出時の服装に注意、帽子を忘れずに。

熱中症の対処

●意識がある・反応が正常なとき

1.涼しい場所へ避難させる

2.衣服を脱がせ、体を冷やす

3.水分・塩分を補給する(自分で水分摂取できないときは医療機関へ連絡)

●意識がない・反応がおかしいとき

1.救急隊の要請をする

2.涼しい場所へ避難させる

3.衣服を脱がせ、体を冷やす

4.医療機関に搬送する

詳しくは京都府ホームページへ

 

京都府ホームページ/熱中症対策

お問い合わせ
保健センター
郵便番号:610-0302
井手町大字井手小字橋ノ本13
電話:0774-82-3385 ファックス:0774-82-3695
お問い合わせフォーム