新型コロナウィルスなど感染症対策のためのご家庭でのマスク等の捨て方

家庭ごみの感染症対策

新型コロナウィルスなどの感染症に感染した方やその疑いのある方がご家庭にいらっしゃる場合、鼻水等が付着したマスクやティッシュなどをごみとして出す際には以下のことにご注意ください。

 ・ごみに直接触れない

 ・ごみ袋はしっかりしばって封をする

 ・ごみを捨てた後は手を洗う

ごみを捨てる際の注意点

ごみの捨て方

1.ごみ箱の内側にごみ袋をかぶせ、中身がいっぱいになる前に早めに口をしばって封をする。

2.マスクなどのごみに直接触れないよう、しっかり口をしばる。

※万一、ごみが袋の外側に触れた場合は、さらに別の袋に入れて二重にしてください。

3.ごみを捨てた後はせっけんを使って、流水で手をよく洗う。

その他

上記の捨て方で、ご家族だけでなく、ごみを収集する職員や廃棄物処理業者の方にも、感染症対策となります。

使用済みマスクなどのポイ捨ては絶対しないでください。

環境省作成チラシ

ご家庭でのマスク等の捨て方(PDF:543.6KB)

お問い合わせ
井手町 産業環境課
郵便番号:610-0302
京都府綴喜郡井手町大字井手小字南玉水67
電話:0774-82-6168 ファックス:0774-82-5055
お問い合わせフォーム