新型コロナウイルス感染症拡大にかかる保育園の対応について

この度、新型インフルエンザ等対策特別措置法の規定に基づく緊急事態宣言が全国に発令され、京都府は特に重点的に感染拡大防止の取り組みを進めていく必要があるとして

「特定警戒都道府県」に指定されました。 

 厚生労働省より「緊急事態宣言後の保育所の対応について」(令和2年4月7日付け)を踏まえ、井手町立保育園において新型コロナウイルス感染症が発生した場合の対応について以下の通りお知らせします。

    1.子どもが感染した場合について

      ・感染した子どもが登園していた場合には、町立保育園を臨時休園します。

      2.子どもが感染者の濃厚接触者に特定された場合について

   ・子どもが感染者の濃厚接触者に特定された場合は、登園できません。

期間:感染者と最後に濃厚接触をした日から起算して14日間】

  3.風邪の症状がある子どもの登園について

  ・感染拡大防止のため、健康状態(検温など)の確認をお願いします。

 ※発熱や咳.鼻水.下痢等の風邪の症状が見られる時は、登園を控えていただ 

 くようお願いします。

  4.町立保育園の職員が感染した場合について

   ・上記1.~3.と同様の取り扱いになりますので、ご理解のほどよろしくお願いし

   ます。

 町立保育園を臨時休園した場合、感染の状況等により判断し、町内のいずれかの保育園又は、施設で保育を行う予定をしています。但し、臨時的な保育施設は、定員の関係上、すべての子どもを保育することが出来ない可能性があります

その場合保護者の方が医療従事者や社会の機能を維持するために就業を継続することが必要な方、ひとり親家庭で仕事を休むことが困難な方を優先させていただくこととなります。

 また、臨時休園の決定や機関等は、急なご案内になることが想定されますので予めご了承願います。

◆休園の期間

 保育園が休園となった場合の期間は、感染拡大を防ぐ観点から、京都府などの指導に基づき判断します。

お問い合わせ
井手町 住民福祉課
郵便番号:610-0302
京都府綴喜郡井手町大字井手小字南玉水67
電話:0774-82-6164 ファックス:0774-82-5055
お問い合わせフォーム