○井手町公用車管理規程

昭和44年3月31日

訓令第3号

本庁

井手町公用車管理規程を次のように定める。

井手町公用車管理規程

(目的)

第1条 この規程は、井手町が所有する公用車の管理を適正にしその使用の効率化を期するため、必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条 この規程で、公用車とは次の各号に定める車をいう。

(1) 普通自動車

(2) 消防自動車

(3) 自動3輪車

(4) 軽自動車

(5) 自動2輪車

(6) 原動機付自転車

(7) 自転車

(8) 大型自動車

(管理)

第3条 公用車の管理を適正にし、その使用を効率的に行なうためそれぞれ公用車ごとに管理者を定めるものとする。

2 公用車の管理者は、それぞれ公用車を常時使用する課の長が当るものとし、常に良好な状態で使用できるよう整備し善良な注意をもって、管理しなければならない。

3 公用車は、すべて総務課長が保管する公用車台帳(別記様式第1号)に登録しなければならない。

(使用制限)

第4条 公用車は公務による場合のほか、使用することができない自転車を除く公用車については、その運転資格を有しない者は使用することができない。

2 特定目的をもつ公用車(消防自動車、広報自動車、じんかい収集車、清掃車)は、特別の場合を除き、目的外に使用することができない。但し、管理者の承認を得たときはこの限りでない。

(使用簿)

第5条 公用車の管理者はその使用状況を明確にするため公用車使用簿(別記様式第2号)を備え付け、その使用者に所定事項を記入させ、使用の承認を受けさせなければならない。

2 前項の規定にかかわらず原動機付自転車及び自転車については、その使用者は口頭をもって管理者の承認を受ければよいものとする。

(修理または処分)

第6条 公用車を修理または処分しようとするときは、その管理者は総務課長と協議して行なうものとする。

(亡失又はき損等)

第7条 公用車を亡失又はき損したときは、その使用者は直ちに管理者に申し出で管理者は文書をもって総務課長を経由して、町長に報告しなければならない。

2 前項の亡失又はき損が使用者個人の責に帰すべき事由によるときは、個人の負担においてこれを補てん又は修理しなければならない。

(職員の自動車等の利用)

第8条 自家用通勤者であっても、町の業務のためみだりにその私有車を使用してはならない。ただし、公用車使用不能の場合などで、次の各号に定める場合に限り、所属課長は本人の承諾後、私有車両公用借上げ承認簿(別記様式第3号)に記載し、総務課長の承認を得て借上げ使用することができる。この場合は任意保険に加入し、かつ整備の良好な車両に限るものとする。

(1) 荷物(軽易なものは除く)を持参する場合

(2) 交通機関のない場合

(3) 管内を巡回等する場合

(4) 勤務時間外に出張する場合

(5) その他やむを得ないと町長が認める場合

2 前項の規定により、私有車を借上げ使用したときは、使用燃料等の費用弁償として走行距離8キロメートルにつき1リットルの割合で燃料給油券を支給する。

(交通違反に対する処置)

第9条 公用・私用をとわず交通違反(故意又は重大な過失を起したこと)を町長が確認したときは、その者に対して適当な期間は公用車の運転を禁止することができる。

(その他)

第10条 この規程に定めるもののほか必要な事項は、その都度町長が定める。

附 則

1 この訓令は、公布の日から施行し、昭和44年4月1日から適用する。

附 則(昭和48年訓令第2号)

1 この訓令は、公布の日から施行し、昭和48年6月28日から適用する。

附 則(昭和60年訓令第2号)

この訓令は、公布の日から施行し、昭和60年6月4日から適用する。

附 則(平成元年規程第10号)

1 この訓令は、公布の日から施行し、平成元年1月8日より適用する。

附 則(平成17年訓令第1号)

この訓令は、平成17年7月1日から施行する。

附 則(平成20年訓令第1号)

この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

井手町公用車管理規程

昭和44年3月31日 訓令第3号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
昭和44年3月31日 訓令第3号
昭和48年10月26日 訓令第2号
昭和60年7月23日 訓令第2号
平成元年7月10日 規程第10号
平成17年6月13日 訓令第1号
平成20年4月1日 訓令第1号