○井手町固定資産評価審査委員会公開口頭審理の傍聴に関する規程

平成6年2月10日

規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、井手町固定資産評価審査委員会(以下「委員会」という。)が行う公開口頭審理(以下「審理」という。)の傍聴に関し、必要な事項を定めるものとする。

(傍聴手続)

第2条 審理を傍聴しようとする者は、委員会が発行する(別記様式)の交付を受け、入場及び退場の際これを係員に提示して、その指示に従わなければならない。

2 傍聴券は、審理開始前に審理場入口において交付する。ただし、これにより難いときは、別に定める時期及び場所において交付するものとする。

(傍聴人の数の制限)

第3条 委員会は、審理を円滑に進めるため必要があると認めるときは、傍聴人の数を制限することができる。

(傍聴の禁止)

第4条 次の各号の一に該当する者は、傍聴することができない。

(1) 傍聴券を持たない者

(2) 酒気を帯びている者

(3) 相当の衣服を着用していない者

(4) 旗、プラカード、鉢巻、ヘルメット、ゼッケン、危険物その他審理場に持ち込むことが不適当であると認められる物品を携帯している者

(5) 前号に掲げるもののほか、委員会において傍聴を不適当と認める者

(傍聴人の尊守事項)

第5条 傍聴人は、次の事項を守らなければならない。

(1) あらかじめ定めた傍聴席以外に立ち入らないこと。

(2) みだりに自席を離れないこと。

(3) 審理を軽視し、又は委員会の品位を傷つけるような言動をしないこと。

(4) 静かに傍聴し、拍手、私語、談笑その他の審理の妨害になるような行為をしないこと。

(5) 飲食又は喫煙をしないこと。

(6) 撮影又は録音しないこと。

(7) 委員会の命令及び係員の指示に従うこと。

(8) 前号に掲げるもののほか、審理場の秩序を乱す行為をしないこと。

(退場命令)

第6条 委員会は、傍聴人がこの規程に違反し、審理場の秩序を乱す恐れがあると認めるときは、退場を命ずることができる。

2 前項の規程により退場を命ぜられた者は、当日再び審理を傍聴することができない。

(補則)

第7条 この規程に定めるもののほか必要な事項は、委員会が定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

井手町固定資産評価審査委員会公開口頭審理の傍聴に関する規程

平成6年2月10日 規程第1号

(平成6年2月10日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第7章 固定資産評価審査委員会
沿革情報
平成6年2月10日 規程第1号