熱中症を防ぐために

熱中症の発生は7~8月が、ピークになります。熱中症を正しく理解し、予防に努めてください。

熱中症は適切な予防をすれば防ぐことができます。

○熱中症になった場合も、適切な応急処置により救命することができます。

○ひとり一人が、熱中症の予防の正しい知識をもち、自分の体調の変化に気をつけるとともに、周囲の人にも気を配り、予防を呼びかけあって、熱中症から命を守りましょう。

熱中症とは・・・

○高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気や倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害が起こります。

○気温が高い、湿度が高いなどの環境条件と体調がよくない、暑さに体がまだ慣れていないなどの個人の体調による影響とが重なることにより、熱中症の発生が高まります。

○屋外で活動しているときだけでなく、室内でとくに何もしていなくても熱中症を発症し、救急搬送されたり、死亡する事例が報告されています。

熱中症の予防法

熱中症の予防には「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です!

◎こまめな水分・塩分の補給

●特に高齢者、障がい児・障がい者の場合、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分補給をしましょう。

◎熱中症になりにくい室内環境

●扇風機やエアコンを使った温度調整

●室温が上がりにくい環境の確保(こまめな換気、遮光カーテン、すだれ、打ち水など)

●こまめな室温確認、WBGT値(※)の把握

  ※WBGT値:気温、湿度、輻射(放射)熱から算出される暑さ指数で、熱中症予防のために運動や作業の強度に応じた基準値が定められています。「環境省熱中症予防情報サイト」で観測値(全国で8地点)と予想値(全国各地)を閲覧できます。

◎体調に合わせた対策

●こまめな体温測定(特に体温調節機能が十分でない高齢者、障がい児・障がい者、子ども)

●通気性の良い、吸湿・速換の衣服着用

●保冷剤、氷、冷たいタオルなどによる体の冷却

◎外出時の注意

●日傘や帽子の着用 ●日陰の利用、こまめな休憩

●通気性の良い、吸湿・速換の衣服着用

●天気の良い日は昼下がりの外出はできるだけ控える

◎熱中症が疑われる人を見かけたら・・・

  1.涼しい場所へ避難させる

  2.衣服を脱がせ、身体を冷やす

  3.水分塩分を補給する

●自力で水を飲めない、意識がない場合は、直ちに救急車を要請しましょう

注意していただきたいこと

1.暑さの感じ方は人によって異なります。

●人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響して暑さに対する抵抗力(感受性)は個人によって異なります。

●自分の体調の変化に気をつけ、暑さの抵抗力に合わせて万全の予防をこころがけましょう

2.高齢者の方は特に注意が必要です!

●熱中症患者のおよそ半数は高齢者(65歳以上)です。高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対する体の調節機能がも低下しています。

●のどの渇きを感じなくても、こまめに水分補給をしたり、暑さを感じなくても扇風機やエアコンを使って温度調整するよう心がけましょう。

3.子どもの体調にも注意!

●こどもは体温の調節機能が十分に発達しておらず、身長が低いため熱い地面の照り返しの影響を強く受けます。

●風通しの良い涼しい服装や帽子を着用させましょう。

●必要に応じて水分補給と休憩を取らせ、脱水症状が起きないように注意しましょう

●子どもの顔色や汗のかき方をよく観察しましょう。

●特に急激に温度が上昇する炎天下の車内に子どもを残さないようにしてください。

4.まわりが協力して、熱中症予防を呼びかけ合うことが大切です!

●ひとり一人が周囲の人に気を配り、熱中症の予防を呼びかけ合うことで発生を防ぐことができます。

5..節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないようにご注意ください!

●夏期の電力不足に対して節電の取り組みが求められていますが、節電を意識しすぎるあまり、健康を害することのないようご注意ください。

●気温や湿度の高い日には、決して無理な節電はぜず、適度に扇風機やエアコンを使用するようにしましょう。

 

 詳しくは京都府・厚生労働省のホームページへ

京都府ホームページ

厚生労働省ホームページ

お問い合わせ
保健センター
郵便番号:610-0302
井手町大字井手小字橋ノ本13
電話:0774-82-3385 ファックス:0774-82-3695
お問い合わせフォーム