風しん追加対策について

【風しんの抗体検査はお受けになりましたか?】

公的な風しん予防接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日~昭和54年4月1日の間に生まれた男性は風しん抗体の保有率が他の世代に比べて低くなっています。

そのため、2022年3月31日までの3年間に限り、風しん定期接種の対象となりました。

平成31年度は昭和47年4月2日~昭和54年4月1日の間に生まれた男性の方に、5月初旬にクーポン券を郵送しています。

クーポン券を利用して、まずは抗体検査を受けていただき、その結果十分な抗体がない方は定期接種の対象となりますので、予防接種を受けるようにしてください。

抗体検査・予防接種の費用は無料です。

クーポン券は再発行できます。無くされた方は保健センターへご連絡ください。

 

 

風しんの感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つことが重要です

風しんとは… 感染者の咳やくしゃみ、会話などで飛び散るしぶき(飛沫)を吸い込んで感染します。小児は発熱、発疹、首や耳の後ろのリンパ節が腫れて、数日で治ります。まれに、高熱や脳炎になって入院することがあります。成人は高熱・発疹の長期化や関節痛など重症化の可能性があります。

先天性風しん症候群とは… 妊娠初期(20週以前)に風しんに感染すると赤ちゃんが先天性心疾患・白内障・難聴を特徴とする先天性風しん症候群をもって生まれてくる可能性が高くなります。

 

あなたとこれから生まれてくる世代の子供を

守るために、風しんの抗体検査と予防接種を受けましょう!!

 

 

お問い合わせ
保健センター
郵便番号:610-0302
井手町大字井手小字橋ノ本13
電話:0774-82-3385 ファックス:0774-82-3695
お問い合わせフォーム