振り込め詐欺にご注意ください

振り込め詐欺被害に遭わないために

  1. 自分のところにも必ず振り込め詐欺の電話がかかってくるという気持ちを持つ。
  2. オレオレ詐欺は、事前に「電話番号を変えた。」という連絡がある。必ず、前の番号に電話をして確認する。
  3. 家族の間で通用する合言葉(例えばペットの名前など)を決めておき、本当に家族かどうかを確認する。
  4. 税務署、社会保険庁等の役所の職員から、携帯電話を持ってATM機へ行くよう指示されることは絶対にない。

役所等から還付金があると電話がかかってきたら(還付金等詐欺)

  • 役所・税務署・社会保険事務所等が、還付金を支払う場合に、職員が直接電話で連絡し、ATM機に行くよう依頼したり、操作するようお願いすることは絶対にありません。
  • 電話の相手の役所(課・係)や会社名、氏名、連絡先を聞き出した上で、「こちらからかけ直す」などと言って、いったん電話を切る。
  • 切った後、自分で必ずNTTの番号案内等で連絡先を確認する(教えられた電話番号やディスプレイに表示された電話番号を信用せず、確実に自分で確認してください。)。
  • 還付金名目の不審な電話番号があった場合は、その場で判断せずに役所や最寄の警察などに相談しましょう。

ご家族がトラブルに巻き込まれた等と電話がかかってきたら(オレオレ詐欺)

  • まず、本人やその家族、関係者と連絡を取り、事実を確認してください。
  • 事実を確認できない限り、お金を振り込まない様にしましょう。
  • 警察官が事件や事故当事者に示談を勧めるということはありません。
  • すぐに振り込まなければならない示談金というものはありません。
  • あらかじめ家族や肉親の間で合言葉を決めておいたり、自分達にしか分からない話を出してみてください。
  • 普段から息子さんやお孫さんの会社や部署・上司の名前を確認しておきましょう。

お金を借りる前に保証金を要求されたら(融資保証金詐欺)

  • いかなる名目であっても融資を前提に現金を振り込ませることはありません。
  • 取り引きのないところから送られてくる融資のダイレクトメール、葉書等に注意し、「低金利ですぐ融資」という甘い言葉に注意しましょう。
  • 融資前に登録料、保証料、保険料など振り込まず、最寄の警察などに相談しましょう。

身に覚えのない利用料金等を請求されたら(架空請求詐欺)

  • 利用していないものは払う必要はありません。
  • 相手先の電話やファックス、メールに問い合わせるのはやめましょう。また、自分の電話番号やメールアドレスを相手に知らせないようにしましょう。
  • 裁判所から支払督促などは葉書で通知することはありません。
  • 裁判所の小額訴訟の通知をはじめ、公的機関からの支払督促がきた場合、まず、本物かどうかを確かめましょう。自分で差出先の公的機関を調べ、電話で問い合わせるか、最寄の警察などに相談してください。

すぐに振り込まない!一人で振り込まない!
京都府田辺警察署(電話0774-63-0110)

お問い合わせ
井手町 総務課
郵便番号:610-0302
京都府綴喜郡井手町大字井手小字南玉水67
電話:0774-82-6161 ファックス:0774-82-5055
お問い合わせフォーム