井手町とは?

井手町の地図

  京都と奈良、二つの古都のなかほどに位置する井手町は、南北約4.5キロ、東西約7キロ、面積18.04キロ平方メートルの小さなまち。

 京都まで30分、奈良まで15分、大阪中心部まで1時間足らずという都市近郊にありながら、市街地には清流「玉川」が流れ、その堤には桜や山吹をはじめ四季折々に咲き乱れる草花が彩りを添え、里山の風景や野鳥のさえずりとともにこの地を訪れる人々をなごませます。井手町は、そんな都市と自然の魅力が共存した、のどかで美しいまちです。

万葉の時代から

 井手町は、万葉の昔から歌枕の里として知られ、いにしえの和歌や物語に描かれたゆかりの場所や史跡など、歴史の面影を随所に残す美しいまちです。

 奈良時代、聖武天皇に仕えた左大臣・橘諸兄公が別荘を構えたほか、平安の女流歌人・小野小町も晩年をこの地で過ごしたと伝えられています。

小町塚

▲小町塚

井堤寺跡

▲井手寺跡

都市と自然の共存

万灯呂山展望台

 京都や奈良、大阪などの大都市近郊にありながら、ふるさとの情景を色濃く残す井手町。

 地蔵禅院のしだれ桜が咲き誇る頃、日本六玉川の一つ、玉川の堤でも桜が見頃を迎え、さらには「井手左大臣」橘諸兄ゆかりの山吹が黄金色の花を咲かせます。初夏には市街地を流れる清流に無数のホタルが舞い、幻想的な風景を醸し出します。
 京都市から奈良市方面を一望する万灯呂山山頂からの風景は京都府景観資産に登録され、大正池では、澄み渡る空気と清らかな水、緑鮮やかな木々に心が癒されます。

充実した子育て環境 ~子育てするなら井手町で~

 

― 18歳までの子どもの医療費の全額無償化 ―

― 中学校までの給食費の全額無償化 ―

 

 これらは、「子育てするなら井手町で」と呼ばれるまちを目指し、井手町が京都府南部で初めて行った施策です。

 また、このほかにも、個々の子どもに応じた徹底的なアレルギー対応(除去食や代替食の提供)や第3子以降の保育料無料化、全ての学校への司書の配置や中学生の国際交流(海外派遣)など、自慢の取組みがたくさん。恵まれた自然環境のなかで、充実した子育て支援制度のもと、すべての家庭で子供を健やかに育てられるまちを目指しています。

 

保育

▲充実した保育環境

子育て医療

▲18歳まで無料となる子育て医療

変わりゆく町

JR奈良線

新たな道の整備

 令和5年には名古屋と神戸を結ぶ新名神高速道路が全線開通します。これにより、名古屋から神戸までのアクセスが今までよりも非常に便利となります。

 そして、井手町の中心には「国道24号城陽井手木津川バイパス」という新しい道が整備されることになりました。城陽市の新名神高速道路スマートインターチェンジと木津川市を結ぶこの道が完成すると、井手町から新名神高速道路まで約5分でアクセスできるようになります。

JR奈良線の複線化

 町内に二つの駅があるJR奈良線の利便性の向上を目指して取り組んでいるJR奈良線高速化・複線化事業。令和5年に完了を予定している第二期事業では、JR藤森~宇治・新田~城陽・山城多賀~玉水間(約14km)を複線化。これにより、JR奈良線全体の複線化率は23.6%から64.0%となり、各地への所要時間がさらに短くなります。

白坂工業団地の造成

 井手町の北部と城陽市にまたがる丘りょう地において「白坂テクノパーク」の開発が進められています。現在12社の企業が立地しており、多くの求人募集があり、町内在住の方も多数働いておられます。

新たな駅舎

 平成28年度にJR山城多賀駅にエレベータ設置、平成30年度にJR玉水駅の橋上自由通路が完成し、バリアフリーに対応した利便性の高い駅になりました。

さくら公園

▲さくら公園

玉水駅構内

▲新たなJR玉水駅構内

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ
井手町 地域創生推進室
郵便番号:610-0302
京都府綴喜郡井手町大字井手小字南玉水67
電話:0774-82-6170 ファックス:0774-82-5055
お問い合わせフォーム