ジカ熱について

中南米地域で「ジカ熱」が流行しています!!日本国内でも中南米からの帰国者で感染が確認されました。                                                                                                                                                                                                                               

特に妊婦及び妊娠の可能性のある方はご注意ください!!

症状

主として軽度の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、斑丘診、結膜炎、疲労感、倦怠感などを呈します。これらの症状は軽く、通常、2~7日続きます。

治療等

対症療法となります。通常は比較的症状が軽く、特別な治療を必要としません。

予防対策

海外の流行地域に渡航される際は、蚊に刺されないように注意しましょう。長袖、長ズボンの着用が推奨されます。また蚊の忌避剤なども現地では利用されています。

流行地域

アフリカ、中央・南アメリカ、アジア太平洋地域で発生がありますが、近年は中南米で流行が拡大しています。

※平成28年1月15日時点流行地域(米国CDC)

  ブラジル、コロンビア、エルサルバドル、仏領ギアナ、グアテマラ、ハイチ、ホンジュ

  ラス、マルティニーク、メキシコ、パナマ、パラグアイ、プエルトリコ、スリナム、ベネ

  ズエラ 

  ※詳しくは、検疫所ホームページ FORTH をご確認ください。

 

検疫所ホームページ FORTH

お問い合わせ
保健センター
郵便番号:610-0302
井手町大字井手小字橋ノ本13
電話:0774-82-3385 ファックス:0774-82-3695
お問い合わせフォーム