子育て支援医療費の助成制度

次代を担う子どもの保健の向上及び福祉の増進を図るため、出生の日から18歳までの子どもが疾病又は負傷で医療機関を受診した場合の医療費について、医療機関における自己負担金が無料(※平成29年4月から制度を拡充しました。)となる制度です。
(3歳の誕生月の翌月から18歳までの通院及び中学校卒業から18歳までの入院は、井手町が独自に助成拡大を行っております。)

区分 内容 年齢区分 受給者証の色
京都府制度分 入院 0歳~中学生まで 白色
通院 0歳~3歳の誕生月まで
井手町単独制度分 入院 中学校卒業~18歳まで さくら色
通院 3歳の誕生月の翌月~18歳まで

1. 対象者

  井手町の区域内に住所を有する0歳から18歳までの各種健康保険に加入している子ども。
  ただし、生活保護、福祉医療を受給されている子どもは対象になりません。

2. 受給者証の有効期間

  有効開始  出生または転入した日
  有効終期  満18歳に達する日以後の最初の3月31日

3.申請の手続き

 出生または転入届後、子どもが加入している健康保険証と印鑑を持参のうえ、子育て支援医療費受給者証交付申請手続きをしてください。「子育て支援医療費受給者証」を発行します。

4.お医者さんにかかるとき

 お医者さんにかかるときは、「健康保険証」と「子育て支援医療費受給者証(一部負担金無料記載のシールが貼ってあるもの)」を医療機関の窓口に提出して下さい。18歳までの入院・通院ともに無料となります。

5.京都府以外の医療機関で受診した場合

「子育て支援医療費受給者証」は京都府以外では使用できません。
京都府以外の医療機関で受診した場合は償還払いとなりますので、保健医療課で払い戻しの手続きをしてください。

<払い戻しに必要なもの>
  子育て支援医療費受給者証、健康保険証、領収書、振込先のわかるもの、印鑑、高額療養費の決定通知書(該当の場合)

6.住所・氏名・健康保険証等に変更があった場合

  14日以内に、その旨を届け出てください。その際、子育て支援医療費受給者証、印鑑、健康保険証を持って来てください。

7.有効期間が終わったときや、転出等受給資格がなくなったとき

  「子育て支援医療費受給者証」を使用することは出来ません。すみやかに返還してください。

 

お問い合わせ
井手町 保健医療課
郵便番号:610-0302
京都府綴喜郡井手町大字井手小字南玉水67
電話:0774-82-6166 ファックス:0774-82-5055
お問い合わせフォーム