松の下露跡

松の下露跡後醍醐天皇(~1339年)が1331年の元弘の変のさ中、笠置山から金剛山千早城へと逃れる途中、有王のこの松の下で休まれたときお供の藤原藤房とかわされた歌に由来します。

交通:JR玉水駅より東へ約5.0キロメートル。徒歩約60分

松の下露跡

地図情報

お問い合わせ

井手町 産業環境課
郵便番号:610-0302
京都府綴喜郡井手町大字井手小字南玉水67
電話:0774-82-6168 ファックス:0774-82-5055

お問い合わせフォーム