地域おこし協力隊による井手町の魅力発信

井手町地域おこし協力隊の紹介

井手町では、令和2年度から地域おこし協力隊制度を導入しており、現在3名の隊員が井手町に移住し、活動しています。 具体的には、井手町の魅力発信やふるさと納税の推進、まちづくりセンター椿坂及び周辺地域の活性化、地元特産品の開発支援などに関する活動を行っています。

(注釈)地域おこし協力隊とは、生活の拠点を3大都市圏をはじめとする都市地域等から過疎、山村、離島、半島等の地域に移し、地域ブランドや地場産品の開発・販売、PR活動など「地域協力活動」を行いながら、当該地域の定住、定着を図る取り組みです。なお、地域おこし協力隊の任期は、概ね 1年以上、3年以下の期間です。

魅力発信事業について

地域おこし協力隊は、「地域協力活動」を通じて、玉川の桜やヤマブキ、ホタルなど季節を彩る観光名所をはじめ、万葉の時代から多くの貴族に愛された井手にまつわる史跡など、豊かな自然と歴史溢れる井手町 の魅力をSNS(Facebook)で発信しています。

玉川桜並木ドローン撮影写真(椿坂)

地域おこし協力隊Facebook

地域おこし協力隊のFacebookは、以下のリンクよりご覧になれます。

お問い合わせ

井手町 地域創生推進室
郵便番号:610-0302
京都府綴喜郡井手町大字井手小字南玉水67
電話:0774-82-6170 ファックス:0774-82-5055

お問い合わせフォーム