井手の自然を楽しむ

 井手町は京都市や奈良市などの都市の近くにありながら、豊かな自然に恵まれたまち。ここでは、そんな井手町の自然の魅力をご紹介します。

 

玉川の桜

さくらまつり

 平成の名水百選にも挙げられる玉川の堤は桜並木がおよそ1.5キロメートルにわたって続く桜の名所。桜が見頃となる3月下旬から4月上旬にかけ、毎年「さくらまつり」が開かれ、玉川の桜並木の下には模擬店などが立ち並び、町中が花見客でにぎわいます。

京都で一番桜が早く咲くまち

河津桜

 井手町は、平成25年度から「京都で一番早く桜が咲くまち」を目指し、2月上旬から咲き始める早咲きの桜として知られる河津桜の植樹に取り組んでいます。

 玉川の桜並木だけでなく、井手町まちづくりセンター椿坂の周辺で多く見られる早咲きの桜をぜひお楽しみください。

ホタルが舞うまち

ホタル

 井手町では、「源氏ボタル保護条例」を制定し、住民によるゲンジボタル保護の取り組みが続けられるなど、町全体でホタルが生息する環境保全が図られてきました。

 井手町は市街地を流れる清流が多くあり、初夏、無数のゲンジボタルが舞い、宵の口の川面を幻想的に彩ります。

 市街地を流れる清流の一つである南谷川に面した谷川ホタル公園では、地元の方々による「ほたるまつり」も開かれます。

山背古道

山背古道

 山背古道は、京都府南部の城陽市・井手町・木津川市の3つの市町にまたがり、京都と奈良の間、南山城の山際をうねるように続く約25キロの散策道です。

 沿道の豊富な歴史遺産や自然、どこか懐かしく感じる風景を眺めながら、自分に合った距離でハイキング・ウォーキングが楽しめます。

▶山背古道について、詳しくはこちら

▶ガイドブックなどの情報についてはこちら

万灯呂山展望台

万灯呂山展望台

 大峰山の山頂にある展望台からの眺望は、京都府の景観資産にも登録されています。標高300mから見下ろす京都府南部の大パノラマは絶景です。

観光農園

 町の北部、多賀地区の山裾では、山城多賀フルーツラインなどの観光農園で、春や秋に収穫できる新鮮な野菜や果物の収穫体験が楽しめます。

 泥だらけになりながら、土を掘り起こしたり木に触れたり…。普段、お店でしか野菜や果物に触れない子供達にとって、自分の手で収穫をするという体験は素敵な思い出と体験になることは間違いありません。

関連リンク

山背古道

お問い合わせ
井手町 地域創生推進室
郵便番号:610-0302
京都府綴喜郡井手町大字井手小字南玉水67
電話:0774-82-6170 ファックス:0774-82-5055
お問い合わせフォーム